とくしまポータル
すべて 子供 学び 祭り 文化 スポーツ 仕事 その他
タイトル 平成30年度藍住町歴史文化講座を開催します!
主催者 藍住町
url http://www.town.aizumi.tokushima.jp/docs/2018071200012/
開始日時
終了日時
曜日
内容   平成30年度 藍住町歴史文化講座~藍住町のくらしと文化~

《開催日程・内容》

【第1回】
日時:9月8日(土)午後1時30分~3時
内容:「藍住町の都市化の進展、その歴史と今後の展望」
〔講師〕豊田哲也 氏(徳島大学総合科学部教授)
 -徳島県で最も人口の多い町として発展した藍住町。この町が持つ特質や急激な都市化が進んだ理由、そして、今後の展望についてお話しいただきます。

【第2回】
日時:9月8日(土)午後1時30分~3時
内容:「吉野川歴史探訪~川の流れのあゆみ(治水と利水)」
〔講師〕安永一夫 氏(国土交通省四国地方整備局)
 -藍住町の発展を語るうえで欠かすことのできない吉野川。その治水と利水の歴史についてお話しいただきます。

【第3回】
日時:10月6日(土)午後1時30分~3時
内容:「藍住町の産業の発展の歴史」
〔講師〕三好昭一郎 氏(藍住町文化財保護審議会会長・文学博士)
-江戸時代には阿波藍の大生産地であった藍住町。藍の衰退や戦後の農地改革、都市化の進行により産業には大きな変革がありました。その歴史をお話しいただきます。

【第4回】
日時:11月4日(日)午後1時30分~3時
内容:「藍住町の道と橋の歴史」
〔講師〕平井松午 氏(徳島大学総合科学部教授)
-町の発展には「道」の存在が大きく関係しています。江戸時代には阿波五街道である「讃岐街道」や遍路道が通り、近年では高速道路や環状線等も整備されました。それとともに橋の整備も進み、藍住町は大いに発展しました。その歴史と意義をお話しいただきます。

 

《開催場所》藍住町コミュニティセンター 町民シアター(藍住町合同庁舎4階)

《受講料》無料

《定員》250名

《申込み等》不要

《問合せ先》藍住町教育委員会事務局 TEL.088-637-3128











  お問い合わせ
    
  所属 教育委員会(社会教育)
    
    
    TEL:088-637-3128
    
    E-Mail:syakaikyouiku@aizumi.i-tokushima.jp
    
    








上記の内容は 2018/07/17 09:04 現在で、http://www.town.aizumi.tokushima.jp/docs/2018071200012/ から一部又は全部を転載したものです。ご利用に当たっては必ず元記事を確認してください。特にイベントや募集の開始時間、終了時間については参考程度のものとしてお取り扱いください。なお、当該記事の内容について当財団が保証するものではありません。
========================================================
公益財団法人e-とくしま推進財団は、
パソコンやインターネットなどを活用して
徳島の元気を応援します。
http://www.e-tokushima.or.jp/
========================================================
場所 藍住町
カテゴリー [学び]  [文化]
登録日 2018-07-17 09:12:49.0
登録者 公益財団法人e-とくしま推進財団