とくしまポータル
すべて 子供 人材 仕事 講座 催し コンテスト その他
タイトル 令和2年度徳島県奨学金返還支援制度「助成候補者」募集【★全国公募枠
募集元 徳島県
url https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/sangyo/shushokushien/5038226/
開始日時 2020年07月06日 08時00分 月
終了日時 2020年12月18日 17時00分 金
内容 令和2年度徳島県奨学金返還支援制度「助成候補者」募集【★全国公募枠★全国の大学、短大、大学院、高専、専修学校専門課程の在学生及び卒業生対象】
2020年7月6日




本県産業を担う人材確保を目的として、県内の事業所に正規職員として一定期間就業した場合に奨学金返還を支援する制度の助成候補者を募集します。令和元年度より短大、専修学校専門課程を対象に含めています。
【注意事項】
専修学校とは、「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、又は教養の向上を図る」ことを目的とする、学校教育法124条に基づいて設置された学校です。また、専修学校は、「専門課程(専門学校と称する学校があります)」「高等課程」「一般課程」の3種類がありますが、支援制度の対象となるのは「専門課程」だけです。

自分の通っている(通っていた)学校が、「専修学校(専門課程)」に当たるのかどうか分からない方は、申請を出す前に、必ず学校に問い合わせてください。
募集要項・書式等
制度内容及び応募方法については、募集要項とQ&Aを熟読してください。
※申請様式はワード様式とリッチテキスト様式の2種類がありますが、内容は同じです。
※Q&Aは更新されることがあります。
※日本標準産業分類は総務省のホームページ(外部サイト)で確認できます。
R2募集要項(全国公募) (PDF:174 KB) R2Q&A (PDF:172 KB) R2申請書様式(全国公募) (Word2007~:23 KB) R2申請書様式(全国公募) ( リッチテキストフォーマット:177 KB) R2申請書(その1)記載例 (PDF:124 KB) R2申請書類チェックリスト (PDF:151 KB) R2全国枠チラシ (PDF:417 KB)
募集期間
令和2年8月1日(土)~令和2年12月18日(金)(当日消印有効)
募集対象者(次の各号のいずれにも該当する方)
日本学生支援機構奨学金等(徳島県が認めるもの)の貸与を「受けている方」又は「受けていた方(既卒者にあっては返還残額がある方(滞納がある場合を除く))」
徳島県内の事業所に正規職員として就業を希望する方(公務員を除く)
大学、短大、大学院、高等専門学校、専修学校専門課程(大学等)を令和2年度に卒業(3月卒業に限る)又は令和3年度に卒業(3月以外の卒業も含む)し、卒業した年の9月末までに就業を開始する方(既卒者にあっては、募集期間が経過した日から令和4年9月末までに就業を開始する方)
徳島県内に住所を有する予定の方
募集人数
150名程度
助成金額
【大学(短大除く)、大学院、高専(4年、5年及び専攻科)の在学生及び既卒者】
(1)日本学生支援機構無利子奨学金又は当該奨学金の貸与基準に準じた無利子奨学金借受総額の1/2(既卒者については奨学金借受総額の1/2と奨学金返還残額(R3.3.31時点)のいずれか少ない額)【上限100万円】
(2)日本学生支援機構有利子奨学金又は(1)以外に対象と認める奨学金借受総額の1/3(既卒者については奨学金借受総額の1/3と奨学金返還残額(R3.3.31時点)のいずれか少ない額)【上限額70万円】
(1)(2)両方の奨学金貸与を受けた場合は(1)により算定した額とし、その額が70万円に満たない場合は、合算して70万円を上限に(2)により算定した額を加算します。
【短大の在学生及び既卒者】
日本学生支援機構無利子奨学金又は当該奨学金の貸与基準に準じた無利子奨学金借受総額の1/2(既卒者については奨学金借受総額の1/2と奨学金返還残額(R3.3.31時点)のいずれか少ない額)【上限50万円】
【専修学校専門課程の在学生及び既卒者】
日本学生支援機構無利子奨学金又は当該奨学金の貸与基準に準じた無利子奨学金借受総額の1/2(既卒者については奨学金借受総額の1/2と奨学金返還残額(R3.3.31時点)のいずれか少ない額)【上限80万円】
助成方法
助成候補者の認定を受けた方が、県内事業所で正規職員として通算3年以上就業した後に、申請に基づき支援の開始を決定します。
就業状況に応じて4年目から8年目までの間、各年度、助成金額の1/5を基本に奨学金の返還にあてる費用として交付します。
3年就業後から毎年就業状況を確認し、正規職員として就業していない期間等がある場合は、1月につき助成金額の1/60を減額します。
原則として、県から日本学生支援機構等へ支払います。奨学金の返還が完了している場合は、本人に支払います。
奨学金の返還猶予の承認を受けている期間については、助成金の交付は行いません。
応募方法
次の書類を下記の点に注意して、応募先まで簡易書留での郵送(当日消印有効)により提出してください。
※申請後に、連絡先や内定の有無等、申請内容に変更があった場合は、募集期間内に応募先まで電子メールで連絡してください。
※申請書類チェックリストにより提出書類に不備が無いことを確認の上、申請書類チェックリストとともに郵送してください。
※下記の5つ(又は6つ)の書類が揃っていないと認定されないことがあります。必ず全て揃えてから郵送してください。
「とくしま回帰」加速・産業人材支援事業助成候補者認定申請書【様式1(その1・その2)】
奨学金貸与証明書(既卒者にあっては奨学金返還証明書)
学業成績証明書(科目ごとの取得単位数がわかり、直近までの状況が記載されたもの)
在籍大学等の推薦書(発行者が厳封したもの)【様式2】(既卒者にあっては自薦書【様式2-2】)
住民票の写し(既卒者のみ)
申請書類チェックリスト
応募先
〒770-0045徳島県徳島市南庄町5丁目77-1
徳島県政策創造部県立総合大学校本部
電話088-612-8801(平日8:30-17:15まで)
メールアドレスsougoudaigakkou@pref.tokushima.jp
助成候補者の認定
書類審査により選考し、その結果を文書にて通知します。
なお、電話などにより記載内容の確認を行うとともに、必要に応じて追加書類の提出を求める場合があります。
お問い合わせ
政策創造部 県立総合大学校本部
電話番号:088-612-8801(平日8:30-17:15まで)
FAX番号:088-612-8805
メールアドレス:sougoudaigakkou@pref.tokushima.jp




上記の内容は 2020/07/06 10:57 現在で、https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/sangyo/shushokushien/5038226/ から一部又は全部を転載したものです。ご利用に当たっては必ず元記事を確認してください。特にイベントや募集の開始時間、終了時間については参考程度のものとしてお取り扱いください。なお、当該記事の内容について当財団が保証するものではありません。
========================================================
公益財団法人e-とくしま推進財団は、
パソコンやインターネットなどを活用して
徳島の元気を応援します。
http://www.e-tokushima.or.jp/
========================================================
カテゴリー [その他]
登録日 2020年07月06日 10時57分
登録者 公益財団法人e-とくしま推進財団